リフトアップ一覧

顔のリフトアップ

顔の皮膚のシワやたるみを減少させることを、顔のリフトアップといいます。だんだん年齢を重ねていくうちに、顔が日焼けで紫外線をあびたり、ストレスなどにより老化してしまい、シワやたるみが顔の筋肉や皮膚にあらわれます。シワやたるみが多いと実年齢よりも老けて見えてしまったり、年齢の積み重ねを実感してしまったり、酷いときには気持ちが閉鎖的になってしまう事もあるでしょう。顔の皮膚のシワやたるみは、女性にとって昔からの悩みの中心だといえます。

リフトアップに関する情報は男性にとっても近頃求められており、多くの男性向けのエステサロンや美容整形の体験モデルに、男性が登場されているという話もありぐらいです。出来る事なら、女性であっても男性であっても、いつまでも若々しくありたいと思うのは共通のことではないでしょうか。しわやたるみの悩みが、顔のリフトアップをすることで解決するのならば、挑戦してみたいと思うのも自然なことです。

顔のリフトアップといっても、調べてみるとその方法は案外たくさんあります。20年くらい前の主流であった顔のリフトアップといえば美容整形で頭皮にメスをいれ引き上げる手術でした。メスを使った美容整形手術は、傷や腫れが治るのに時間を必要とするために外出を控えざるを得ませんでした。リフトアップを、ご近所からの冷たい視線を感じたりと、沢山のリスクと引き換えにしなければ手にいれることができなかったのです。今では顔のリフトアップは外科的手術の他にもコラーゲンやヒアルロン酸注入、レーザー治療や化粧品、マッサージなどにより個々のニーズにあったものを選べるようになりました。

続きを読む

自宅でできる顔のリフトアップ方法

自宅で手軽にできる顔のリフトアップ方法はあるのでしょうか。顔のリフトアップは気になるけど美容外科や皮膚科に行く勇気はないという人もいます。お金もそんなにかけたくないしという方には、簡単な自宅でできる顔のリフトアップの方法がぴったりです。リンパ排泄マッサージや筋肉ストレッチマッサージは肌を活性化させ顔のリフトアップにとても効果のあるマッサージだといわれています。

目のたるみは加齢によるものですが、これは目元の筋肉の衰えから来るものです。クマや小じわを、筋肉をほぐして鍛えることで目元の血行も良くなり、防ぐ効果があるのです。毎日続ける事によりまぶたのムクミも解消しすっきりとした目元になるでしょう。レーザーを施術する顔のリフトアップはまぶたにはしないので、まぶたのリフトアップには化粧品や自力でのマッサージが必要となるようです。前頭骨がズレたり、ゆるむことにより額のシワはできるので、全頭骨をマッサージでほぐし、上に引き上げることがポイントです。

そして額にむくみが出ると額の皮膚が下がり目にもたるみを感じてしまうので額のマッサージは顔のリフトアップの要でもあります。くわえて、リンパが流れにくい場所であるアゴは、顔の中でもむくみやすいので、二重あごにもなりやすいものです。これを解消するには普段あまり使用しないあごの筋肉を動かしリンパをしっかり流すことで顔のラインのリフトアップになります。誰でも自宅で簡単にできる、顔のリフトアップを自分の指を使ってするものでも、効果があるといえるでしょう。

続きを読む

二重あごにはリフトアップ手術

二重あご解消には様々な方法がありますが、数ある方法の一つにリフトアップ手術があります。皮膚を切開し手術で二重あごをなくすという方法です。二重あごを切除で解消するという方法は持続性が高く、多くの人から関心を集めている方法です。切開で行う二重あご手術には、シリコン製のプロテーゼを挿入するという方法もあります。長期間効果は出ますし、内からメスを入れて施術を行いますので外からは違いがわからないというメリットがあります。時間が経っても体内に吸収されないので摘出も可能です。

二重あごの手術はあごのラインを意識しながら注意深く行われる手術ですので、二重あご解消で顔全体をスッキリさせたいという方にはちょうどいい方法です。最新の二重あご手術では、肌に傷をつけずにやり遂げることができます。

たるみの目立つ二重あごをコラーゲンで作られた糸で引き上げるわけですが、切開しないため肌への刺激がとても小さく、次の日からお化粧も普通にできます。糸の件材料であるコラーゲンは肌の保湿成分でもあるので、コラーゲンが分解はされて体内に吸収されても安心です。多くの人が、こういった手術によって二重あごをすっきりとさせています。二重あご手術を受ける時にはあらかじめ入念にカウンセリングを行い、どんな方法が自分のあごには向いているかを調べてましょう。

続きを読む

サイトTOPへ